DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の評判は?転職実績とメリット・デメリットも解説!

dmmwebcamp-review
URLをコピーする
URLをコピーしました!

DMM WEBCAMPってぶっちゃけどうなんだろう?現役エンジニアの方の目線で意見が聞きたい。転職も本当にできるのかな?

こんな疑問に答えます。

DMM WEBCAMPの評判は良い評判ばかりです。

ただし、実際に受講した方の口コミから、細かい部分でイマイチな部分があることが分かりました。※詳細は記事の後半でまとめます。

本記事では、これまで100以上のプログラミング教材やスクールで学んできた現役エンジニアである私が、DMM WEBCAMPの評判やメリット・デメリットをまとめます。

この記事を読めば、あなたにとってDMM WEBCAMPが最適かどうかが分かります。

ひとまずお忙しい方向けに「結局、DMM WEBCAMPのどのコースが良いの?」という問いに対して最初に回答すると、

DMM WEBCAMP Commitの専門技術コースを専門実践教育訓練給付金制度を使って受講するのがコスパが良くておすすめです。

以下に、あなたが専門実践教育訓練給付金をもらえる対象かどうかを簡易的に判定するフローチャートを記載します。もしあなたが給付金対象者であれば、まずはDMM WEBCAMP Commitの専門技術コースの無料説明会に参加して詳しい内容を教えてもらいましょう。

flowchart-to-check-if-you-are-eligible-to-receive-benefits-2
専門実践教育訓練給付金の対象者判別シート

\ 無料カウンセリング受付中 /

なお、専門実践教育訓練給付金の対象で転職保証が付いているスクールは他にもあります。参考記事を確認の上、検討してみてください。

関連記事:【全額返金】転職保証付きプログラミングスクール(3つ)を徹底解剖!
関連記事:テックアカデミーのAIコースの評判は?【Python3は学習済前提に注意】

なお、DMM WEBCAMP Proというコースのメリットは、「動画教材の視聴期限が無制限」である点です。

転職保証や給付金の対象ではありませんが、一生モノのスキルを手に入れて確かな実力をつけたい方は、DMM WEBCAMP Proがおすすめです。

\ 卒業後も動画見放題! /

前置きが長くなりましたが、以降で詳細をまとめていきます。

目次

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の基本情報

DMM WEBCAMPとは、未経験者を対象にしたオンライン・通学型プログラミングスクールです。

表形式でDMM WEBCAMPの全体像をまとめます。

受講形態オンライン・通学
(渋谷校、新宿校、難波フロントビル校、難波御堂筋センタービル校)
講師専属の講師、アドバイザー
学習サポート講師に質問し放題
提供コースDMM WEBCAMP Commit
– 短期集中コース(3ヶ月で未経験からITエンジニアに転職を目指すコース)
– 専門技術コース(短期集中コースのカリキュラムに加えAIまたはクラウドの学習を行う)

DMM WEBCAMP Pro
– 働きながら転職を目指したい方におすすめ

DMM WEBCAMP Skills
– 初めてのプログラミングコース
・4週間プラン
・8週間プラン
– Webアプリ開発コース
転職サポート○DMM WEBCAMP Commit
– 専属のキャリアアドバイザーによるキャリアサポートを無料で提供
– 自己分析や履歴書、職務経歴書の添削、面接対策など転職が成功するまで一気通貫でサポート

○DMM WEBCAMP Pro
– 専属のキャリアアドバイザーによるキャリアサポートを無料で提供
– 自己分析や履歴書、職務経歴書の添削、面接対策など転職が成功するまで一気通貫でサポート

※転職先は、首都圏(一都三県)の企業を紹介
給付金DMM WEBCAMP Commitの専門技術コースのみ「専門実践教育訓練給付制度指定講座」
– 受講料の最大70%が国から給付される
返金保証○DMM WEBCAMP Commit
転職が決まらなかった場合は受講料を全額返金

○DMM WEBCAMP Pro
– 14日間全額返金保証
学べる内容○DMM WebCamp Commit(短期集中コース)
– HTML, CSS, JS, jQuery, Ruby, Ruby on Rails
– チーム開発

○DMM WebCamp Commit(専門技術コース)
– HTML, CSS, JS, jQuery, Ruby, Ruby on Rails
– チーム開発
– AI教養 or クラウド教養

○DMM WebCamp Pro
– Git, HTML, CSS, Ruby, Rails, チーム開発の概念, システム設計など
– チャレンジ学習でJavaScript, AWS, デプロイ, 開発スキルアップなど

○DMM Web Camp Skills
– HTML, CSS, Ruby on Rails
最短受講期間4週間
教材の視聴期限DMM WEBCAMP Proは視聴期限なし
(卒業後も動画教材の閲覧可能)
料金○DMM WebCamp Commit
– 短期集中コース690,800円
– 専門技術コース910,800円 → 給付金で実質340,800円

○DMM WebCamp Pro
– 12週間(転職志望コース):一括料金624,800円、分割:24,882円〜
– 16週間(転職志望コース):一括料金679,800円、分割:27,541円〜

○DMM WebCamp Skills
– 初めてのプログラミングコース  
– 4週間プラン:88,000円  
– 8週間プラン:110,000円
– Webアプリ開発コース  
– 入会金: 220,000円、21,780円/一ヶ月(初月無料)
DMM WEBCAMPの基本情報

\ 給付金でコスパ良く学べる /

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の良い評判

Twitterは受講者のブログを調査して、良い評判をまとめていきます。

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の良い評判①:未経験から転職できた

DMM WEBCAMP Commit受講者の97%は未経験者の方です。しかも決められたカリキュラムをこなした人の転職成功率は圧巻の98%!さらに転職後の離職率も1%であり、健全な企業への転職が可能です。

\ コスパ良く確実にエンジニア転職できる /

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の良い評判②:卒業後も学べる

https://twitter.com/mokio_50/status/1455794572286521346

DMM WEBCAMP Proは卒業後も最新化された動画教材を閲覧できます。卒業後も学び続けたい方はDMM WEBCAMP Proコースがおすすめです。

\ 卒業後も動画見放題! /

なおDMM WEBCAMPは、卒業生限定のITエンジニアコミュニティが形成されています。

共に学ぶ仲間を作る点も特徴です。

Youtubeで卒業生コミュニティに関する解説がありますので、あわせてご確認ください。

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の良い評判③:チーム開発ができる

エンジニアはチームで仕事をするため、出来るだけそれに近い環境で学習したいと考えていました。DMMのカリキュラムにはチーム開発があったため、非常に魅力的でした。

引用:https://qiita.com/InTra/items/b8622c2c762cfa2bd658

企業で取り組むシステム開発は、Githubでコードを管理しチームで開発するのが一般的です。DMM WEBCAMPでチーム開発を経験すれば、エンジニア転職後すぐにチーム開発に加われるでしょう。

\ チーム開発を学んで即戦力エンジニアになれる /

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の悪い評判

ここからはTwitterや受講者さんのブログからDMM WEBCAMPの悪い評判をまとめます。

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の悪い評判①:いつでも質問し放題ではない

3ヶ月目以降は、 平日のメンターさんへの質問時間が

13:00-22:00(最終受付21:30)

19:00-22:00(最終受付21:30)

と大幅に制限されます。

(土日は変わらず13:00-22:00(最終受付21:30)で質問が可能です)

引用:29歳元看護師が、未経験でエンジニア転職を目指しDMM WEBCAMPに通った話【2021.05〜08】

おそらく自分の力だけでシステム構築してもらうことを意識して、質問可能な時間を制限しているのではないでしょうか。ときには自分で考え抜くことも必要です。

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の悪い評判②:メンターの指名ができない

例えば、ある部分で問題が起きてメンターAさんに質問し、助言を得てやってみたもののだめだった…と言った場合に、メンターAさんにもう一度助言を仰ぎたくても叶いません。

何も知らないメンターBさんにそれまでの状況説明とやったことを自分自身で説明するもうまく伝わらず、原因究明してもらうのが困難な場面が何度かありました。

引用:29歳元看護師が、未経験でエンジニア転職を目指しDMM WEBCAMPに通った話【2021.05〜08】

自分の学習状況を管理してくれるメンバーがバラバラだと、学習をスムーズに進められない場合があります。ただし、現場でエンジニアとして働く場合、第三者にエラーの内容や状況を正確に伝える能力も大事です。説明能力を訓練する意識で取り組むと良いでしょう。

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の悪い評判③:事前課題が大変

事前課題が初学者にとって難しいという声が多く見られました。

しかし、この事前課題は全部完璧にこなす必要はありません。

これからDMMWEBCAMPに入学される方は最低限HTML、CSSは出来る様にしておいた方が良いと感じました。この二つは環境構築簡単なのでやりやすいと思います。

出来たらRubyも終わらせておきたいですね🤔

僕はHTML、CSS、Rubyの教材は終わらせてJavaScriptは軽く触った程度でした。

raillsは環境構築出来なくて諦めてました😭

引用:業務未経験からプログラマーを目指す123日

HTML/CSS、そしてRubyの基礎を終わらせておきましょう。

おすすめはUdemyの「はじめてのRuby on Rails入門-RubyとRailsを基礎から学びWebアプリケーションをネットに公開しよう」という講座です。通常価格は16,800円ですが、セール期間中は、最安1,200円で購入できます。

Udemyは30日以内であれば全額返金してくれるので、30日以内に全動画をこなして返却すれば無料で学べます。

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)のメリット

ここからは私独自の目線で、DMM WEBCAMPのメリットをまとめます。

特にDMM WEBCAMP CommitとDMM WEBCAMP Proにフォーカスして整理します。

最初に各コースのメリット・デメリットを表でまとめます。

コース名DMM WEBCAMP Commit
(短期集中コース)
DMM WEBCAMP Commit
(専門技術コース)
DMM WEBCAMP Pro
教材の視聴期限ありありなし
(卒業後も閲覧可能)
返金保証転職保証と20日間全額返金保証転職保証と20日間全額保証14日間の返金保証付き
給付金なしありなし
関連リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る
DMM WEBCAMP 各コースの特徴比較表

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ) Commitのメリット

DMM WEBCAMP Commitには、「短期集中コース」と「専門技術コース」があります。

共通して言えるメリットは、チーム開発が組み込まれている点です。

なぜなら現場ではGithubやSlackなどを用いてチームで連携を取りながらシステム開発をするのが一般的だからです。

DMM WEBCAMP Commitで早々にチーム開発の経験すれば、すぐに開発現場に入って活躍できるでしょう。

そして卒業後もスキルアップできるコミュニティの存在も、共通して言えるメリットです。

コロナ禍で人と人との関係構築が難しいなかでも、お互いに刺激し会える仲間を作れるのは素晴らしいことでしょう。

以降は、DMM WEBCAMP Commitの短期集中コースと専門技術コースに分けてメリットをまとめていきます。

DMM WEBCAMP Commit 短期集中コースのメリット:転職出来なければ全額返金保証付き

短期集中コースの最大のメリットは、転職できなかったら受講料を全額返金する『転職保証』が付いている点でしょう。

「高額な受講料を払うのだから、確実に転職したい」という方におすすめです。

ただし後述する専門実践教育訓練給付金を受給できる方であれば、短期集中コースに加えてAIまたはクラウドが学べる専門技術コースを受講すべきです。

\ AI・クラウドも学べる! /

DMM WEBCAMP Commit 専門技術コースのメリット:専門実践教育訓練給付金の対象講座

専門技術コースは、『専門実践教育訓練給付金』の対象講座となっています。

そのため91万800円のうち、最大35万800円が国から支給されます。

しかも転職保証に加え、安心の20日間全額返金保証付きです。

本ブログの冒頭に記載したフローチャートで、あなたが給付金を受け取れる対象かどうかを確認しましょう。

詳細はDMM WEBCAMPの無料カウンセリングに参加して確認してください。

\ 無料カウンセリング受付中 /

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ) Proのメリット

DMM WEBCAMP Proの最大のメリットは、受講期限が過ぎても継続して教材を閲覧できることです。

しかも、常に最新化された教材が見れます。

エンジニアとして活躍し続けるためには、最新の技術を常に学び続けることです。

卒業後も最新の技術を学び続けたければ、DMM WEBCAMP Proを選択すべきでしょう。

なお、DMM WEBCAMP Proは、14日間の全額返金保証が付いています。

まずやってみて、自分に合ってなければやめる、ということも可能です。

無駄な出費をする心配もないので安心ですね。

なお、DMM WEBCAMP Proには、『チャレンジ学習』という枠組みがあり、やる気次第ではAWSやJavaScriptなどの学習も可能です。

『学ぶ意欲だけなら誰にも負けない』というかたは、DMM WEBCAMP Proにチャレンジしましょう。

\ 卒業後も動画見放題! /

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)のデメリット

ここからは、DMM WEBCAMP のデメリットをまとめていきます。

DMM WEBCAMP CommitとDMM WEB CAMP Proに分けて整理します。

DMM WEBCAMP Commitのデメリット

共通して言えるデメリットは、教材の視聴期限があることです。

そのため、卒業後に教材を見返したくても見返すことができません。

一方、DMM WEBCAMP Proは教材の視聴期限がないため、卒業後も教材の閲覧が可能です。

卒業後も教材を閲覧できるプログラミングスクールは他にもあります。

気になる方は、【厳選】オンラインプログラミングスクールおすすめ6選!【買い切り型が最強です】にまとめているので、あわせてご確認ください。

DMM WEBCAMP Commit 短期集中コースのデメリット:専門実践教育訓練給付金の対象ではない

短期集中コースのデメリットは、専門実践教育訓練給付金の対象ではない点です。

そのため、やや高額な受講料を負担することになります。

低価格で転職保証をつけたければ、テックキャンプがおすすめです。

なぜならテックキャンプの転職保証付きコースの枠組みでは、業界最安値だからです。

詳細はTECH CAMP(テックキャンプ)の評判は?おすすめする人を徹底解説にまとめてるので、あわせて読んでください。

DMM WEBCAMP Commit 短期集中コースのデメリット:転職保証は30歳未満限定

短期集中コースについている転職保証制度は、30歳未満の方のみ適用されます。

30歳以上も転職保証をつけてくれるプログラミングスクールは『テックキャンプ』と『テックアカデミー』があります。

詳細は、【全額返金】転職保証付きプログラミングスクール(3つ)を徹底解剖!でまとめてるのであわせて読んでみてください。

DMM WEBCAMP Commit 専門技術コースのデメリット

DMM WEBCAMP Commitの専門技術コースのデメリットは、さきほど述べた「教材の視聴期限がある」のみです。

大きなデメリットはないので、やはり専門技術コースがおすすめです。

DMM WEBCAMP Proのデメリット

ここからはDMM WEBCAMP Proのデメリットをまとめます。

DMM WEBCAMP Proのデメリット:給付金の対象ではない

DMM WEBCAMP Proは、残念ながら専門実践教育訓練給付金の指定講座ではないため、国から給付金はもらえません。

ただしDMM WEBCAMP Proは、一度購入すれば最新化された動画教材が半永久的に視聴できるので、一生モノのスキルを手に入れることができます。

エンジニア転職してしまえば受講料はすぐに回収できるので、大きなデメリットではないですね。

\ 卒業後も動画見放題! /

DMM WEBCAMP Proのデメリット:転職保証が付いていない

DMM WEBCAMP Proには転職保証が付いてないため、転職できなかった場合に全額返金してもらえません。

しかし、DMM WEBCAMPの就職率は98%なので気にする必要はないでしょう。

そもそも転職活動で見られるポイントは、「技術力」と「自走力」です。両方備わっていれば、転職保証がなくても転職できます。

転職保証が付いていない点も、大きなデメリットと捉えなくて良いでしょう。

評判・口コミ、メリット・デメリットを踏まえてどのような人がおすすめかを考察

悩んでいる男性

結局どのコースが良いのかわからないなぁ。

少し複雑ですよね。
コースごとにどんな人におすすめかを明確に述べますね。

【おすすめ】コスパ重視なら給付金を活用してDMM WEBCAMP Commitの専門技術コース!

もしあなたが専門実践教育訓練給付金の対象者であれば、間違いなくDMM WEBCAMP Commitの専門技術コースを受講すべきでしょう。

シンプルに、91万800円の講座を34万800円で受講できますからね。

\ 無料カウンセリング受付中 /

中長期的にエンジニアとして活躍する覚悟があればDMM WEBCAMP Pro!

DMM WEBCAMP Proは、アプリからバックエンド・インフラまで網羅的に学べます。

しかも卒業後も動画教材が見放題のため、中長期的に見てコスパが良いコースと言えます。

初期投資として約60万近くの受講料を支払うことになりますが、長くエンジニアとして生きていく覚悟があるなら、DMM WEBCAMP Proが結果的に良い選択になるはずです。

こういうと少し気が引けると思いますが、DMM WEBCAMP Proは14日間の返金保証が付いてます。ひとまずお試し気分で受講してみるのも可能です。

とはいっても大きなお金を使うわけですから、不安になりますよね。

まずは無料カウンセリングを申し込みましょう。

入会への斡旋もなく無料なので気軽に申し込んでOKです。

\ まずは無料カウンセリング! /

まとめ:DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の評判とメリット・デメリットを整理!

DMM WEBCAMPの評判とメリット・デメリットをまとめました。

おすすめは、DMM WEBCAMP Commitの専門技術コースです。

なぜなら、専門実践教育訓練給付金の指定講座であり、他のコースと大きな差分無く低コストで学べるからです。

専門技術コースには、転職できなかった場合に全額返金してくれる「転職保証」は付いていませんが、気にする必要はありません。

転職保証をつけなくても、専門技術コースを通じて「技術力」と「自走力」を身につければ転職できます。

色々不安があると思うので、まずは無料カウンセリングでカウンセラーと相談しましょう。

企業が求める人財や学べるスキル・先輩受講者の受講体験記などが聞けます。

\ 無料カウンセリング受付中 /

dmmwebcamp-review

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる