デイトラのWebデザインとWeb制作の違いは?先にやるべきなのは?

daytra-difference-between-web-design-and-web-production-course
URLをコピーする
URLをコピーしました!

デイトラのWeb制作コースとWebデザインコースの違いが分からない?どちらから受けたほうが良いだろう?

こんな疑問に答えます。

デイトラのWeb制作コースWebデザインコースの違いを簡単にまとめますね。

デイトラのWebデザインコースとWeb制作コースの違い

Webデザインコース
サイトの見た目をWebに反映する技術を学ぶコース。
写真加工やロゴ制作のためのツールの使い方を学ぶ。
Web制作コース
Webサイトそのものを作成する技術を学ぶコース。
問い合わせフォーム機能の実装やセキュリティ対策なども学ぶ。

そしてどちらから受けるべきかというと、

Webデザインコース」から受けるべきでしょう。

というのも、デイトラの運営者が「Webデザインコースから受けるべき」とコメントしてるからです。

私はこれまで100以上のオンラインプログラミング教材やスクールで学んできた現役エンジニアですが、

デイトラは受講期限なく動画教材を閲覧できるのでおすすめです。

この記事では、WebデザインコースとWeb制作コースの違いについて解説します。

デザインコースとWeb制作コースのどちらが良いのかも解説するので、

ぜひ最後まで読んでくださいね。

\ 無料体験実施中! /

目次

デイトラのWebデザインとWeb制作の違い

デイトラのWebデザインとWeb制作コースの違いを細かく表にまとめました。

スクロールできます
コース名WebデザインコースWeb制作コース
学ぶ内容サイトの見た目をWebに反映する技術Webサイトそのものを作成する技術
学ぶ技術Figma
Photoshop
営業方法
HTML/CSS
Bootstrap
WordPress
JavaScript/jQuery
AdobeXD
PHP
SQL
なれる職種WebデザイナーWebエンジニア
WebデザインコースとWeb制作コースの違い

大きな違いは、学ぶ内容です。

各コース毎に学ぶ内容を説明します。

\ 無料体験実施中! /

Webデザインコースはサイトの見た目をWebに反映する技術を学ぶ

Webデザインコースを通じて得られる技術は下記のとおりです。

Figma(フィグマ)
ブラウザ上で簡単にデザインができるツール。Figmaを使えば、図の描写や配置の設定ができるようになります。
Photoshop(フォトショップ)
Photoshopは、写真を加工するためのツール。Webサイトに適した背景や配色の加工ができます。

Webデザイナーは、クライアントの方とWebページに関する意識合わせをするので、

営業能力やコミュニケーション能力も求められます。

デイトラは、営業方法についても学ぶので、即戦力のデザイナーになれるでしょう。

Web制作コースはサイトそのものを構築する技術を学ぶ

デイトラのWeb制作コースで習得できる技術は下記のとおりです。

HTML/CSS
HTMLはWebサイト上に文字や画像などのコンテンツを記述するためのマークアップ言語です。CSSといわれる言語と併用することで、文書の体裁や見栄えを表現することもできます。
Bootstrap
予め用意されたデザインがまとめられたライブラリ。
WordPress
ブログやWebサイトを作るためのシステム。PHPというプログラミング言語で作成されている。
JavaScript/jQuery
JavaScriptとは、おもにWebサイトにアニメーションを施すためのプログラミング言語。jQueryは、JavaScriptを使いやすくするためのライブラリ。
AdobeXD
Adobe XDはWebサイトやモバイルアプリののためのデザインツール。
PHP
PHPは、Webサイトをデータベースと連携させ、動的なページを作成するための言語です。問い合わせフォームや掲示板などが作成できます。
SQL
SQLはデータベース言語の一つで、データベースの定義や設定、操作ができます。

さらに、デイトラのWeb制作コースでは、セキュリティに関するレクチャも含まれます。

Web制作を専門とするエンジニアに必要な知識を網羅的に学べるでしょう。

デイトラのWebデザインとWeb制作はどちらが良いのか?【結論:両方必要】

結論としては、両方やるべきです。

というのもWeb制作とデザインの目的は、共にWebサイトを作成して集客することだからです。

Webデザインができても、Web制作ができなければサイト自体を柔軟に作ることはできません。

逆にWeb制作ができても、デザインができなければ、どのように作ればよいか考えることができません。

実際にMidworksという求人サイトで、UI・UXデザイナーのポジションで求められるスキルを見てみると、

Photoshopなどを扱えるスキルに加えて、JavaScriptやPHPのスキルも求められます。

Midworksで掲載されているUI・UXデザイナーポジションの案件例

なので、「どちらが良いの?」という質問に対する回答は、「両方」という回答になります。

\ 無料体験実施中! /

WebデザインとWeb制作のどちらを先にやるべきか

結論としては、「デイトラのWebデザインコース」を先にやるべきです。

なぜなら、Web制作のスタートはデザインから始まるからです。

実際にデイトラの運営者もWebデザインからがおすすめ、と述べてます。

WEB制作とWEBデザインどちらからやるかで悩まれてるなら、WEBデザインからがオススメです! 実務でも工程的にはデザインしてからコーディングなので、デザインから勉強されるといいですよ

ショーヘー@デイトラ運営のTweet

もしデイトラのWeb制作とWebデザインどちらからやるかで迷ってるなら、

Webデザインコースから学び始めると良いでしょう。

WebデザインとWeb制作を両方理解してれば高単価人材になれる

デイトラのWebデザインコースでWebデザインを先に学んだら、

案件獲得やデザイナーとして転職を試みても良いですが、

「実際かなり厳しい」というのが2022年5月時点での感触です。

というのもコロナの影響で、ITやデザインスキルを身に着けて転職する方が急増したからです。

そのため、ライバルが多く未経験からの転職や案件獲得は、以前よりも難しくなりました。

ではどうすればよいかというと、他のデザイナー/エンジニアと差別化を計ればよいのです。

その手段として、「Web制作とWebデザインの両方を熟知した人材になる」のがおすすめです。

更に、Webマーケティングやライティング、Shopifyといった別のスキルも学びましょう。

そうすれば、誰からも必要とされる人材になれます。

>> デイトラのShopifyコースを確認する

デイトラとアフィリエイト提携できるASPは?提携手順と報酬を得る方法も解説

デイトラのWebデザインとWeb制作の口コミ

デイトラのWebデザインコースやWeb制作コースを受講した方からの口コミの一部を掲載します。

デイトラのWebデザインコースとWeb制作コースの口コミ

  • デザイナーに転職できた
  • Web制作コースで副業収入80万達成した

それぞれ詳しく見てみましょう。

\ 無料体験実施中! /

口コミ①:Webデザイナーコースでデザイナーに転職できた

デイトラのWebデザインコースで学び、デザイナーに転職できた方がいます。

デイトラには、転職支援コースも提供してるので、デザイナーとして確実に転職したいなら活用すべきでしょう。

口コミ②:Web制作コースで副業収入80万達成

デイトラのWeb制作コースを学び、副業収入が80マン会陰(2ヶ月)を超えた方もいらっしゃいます。

Shopifyのスキルを身に着けて、さらに高単価な案件を獲得できるでしょう。

デイトラWeb制作コースの評判は?悪評を徹底調査

さいごに:デイトラのWebデザインコースから学んでWeb制作を学ぼう

本記事では、デイトラのWebデザインコースとWeb制作コースの違いについて解説しました。

そして、「結局どちらが良いのか?」という疑問についても回答しました。

結論としては両方学ぶべきですが、最初に学ぶべきなのはWebデザインコースです。

その理由は、デイトラ運営者も述べている通り、Web制作はデザインから始まるからです。

デイトラでスキルを身に着けたい方は、まずはWebデサインコースからはじめましょう。

\ 無料体験実施中! /

daytra-difference-between-web-design-and-web-production-course

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる