GEEKJOBのインフラエンジニアコースで自由な働き方は手に入るのか?

geekjob-infra-course
URLをコピーする
URLをコピーしました!

GEEKJOBでインフラエンジニアを目指そうと考えてるけど、大丈夫かな?エンジニアになって自由な働き方で一生稼げるかな?

結論としては、インフラエンジニアを目指すのは良い戦略です。

なぜならインフラエンジニアは需要が高くライバルが少ないからです。

特にクラウドを専門とするクラウドエンジニアは、リモートで自由に働くことができます。

GEEKJOBは、無料でクラウドが学べてエンジニア転職できる数少ないスクールなので、是非チャレンジしてほしいです。

私は通信インフラ系企業に務めるエンジニアですが、完全リモートで勤務してます。

この記事では、これまで100以上のオンラインプログラミング教材やスクールで学んできた私が、以下の疑問に答えていきます。

この記事で解決する疑問

  • GEEKJOBのインフラエンジニアコースで自由な働き方は手に入るのか?
  • GEEKJOBのインフラエンジニアコースでどんな企業に就職できるのか?
  • GEEKJOBで学べる内容は?PCが苦手でも大丈夫?
  • GEEKJOBのインフラエンジニアコースを受講するだけでOK?
  • GEEKJOBでインフラエンジニアになったら年収はいくらくらい?
  • GEEKJOBでインフラエンジニアになれる確率は?
  • GEEKJOBって働きながらでも大丈夫?
  • 結局GEEKJOBのインフラエンジニアコースはどんな人におすすめ?

この記事を読めば、あなたにとってGEEKJOBのインフラエンジニアコースが最適な選択なのかが分かるので、ぜひ最後までお読みください。

\ 無料でインフラエンジニアになれる /

目次

GEEKJOBのインフラエンジニアコースで自由な働き方は手に入る?

GEEKJOBのインフラエンジニアコースを受講すれば、未経験でも高確率でインフラエンジニアになれます

クラウドに関する深い知識を身につければ、自由な働き方もできるでしょう。

理由は以下です。

GEEKJOBで自由な働き方を手に入れられる理由

  • インフラエンジニアは需要が高くライバルが少ない
  • クラウドを専門とするインフラエンジニアはリモートで働くことができる
  • GEEKJOBは「クラウド」を学べる
  • GRRKJOBの転職成功率は97.8%

1つずつみていきます。

\ 無料でインフラエンジニアになれる /

インフラエンジニアはライバルが少ない

スクールで学んだ後、エンジニア転職するわけですが、

実はインフラエンジニアはライバルが少なくて有利です。

なぜなら、インフラエンジニアになるためのスクールがそもそも少ないからです。

他のプログラミングスクールを見ていただけると分かりますが、

「ネットワーク」や「クラウド」に特化したスクールはほとんどありません。

つまり未経験からエンジニアを目指す人の多くは、RailsやJavaScriptといったプログラミング言語を専門とするので、

クラウドの専門家の絶対数が少ないのです。

なので、インフラエンジニアのポジションは勝率が高いのです。

クラウドの需要が高まっている

では、インフラエンジニアの需要が低いのかというと、そうではありません。

なぜなら「クラウド」市場が急速に拡大してるからです。

Panorama Data Insights社が2021年12月14日に発表したレポートによると、

クラウドの市場規模は、2020年から2030年にかけて約1,800億米ドル増加と予想されてます。

そのためクラウドを専門とするインフラエンジニアの需要も更に高くなるわけです。

関連記事:インフラエンジニアの末路は?現役エンジニアが解説

クラウドを専門とするインフラエンジニアの働き方は基本的にリモート

クラウドって何?という方向けに簡単に説明すると、

クラウドとは、全国に存在するデータセンタのコンピュータ上に、ネットワークやサーバを構築できる環境です。

そのためパソコンとインターネットさえあれば、いつでもどこでも環境構築できます

昔は会社のサーバルームに、インフラエンジニアが自ら機器の設置などをしてましたが、クラウドに関してはその必要がありません。

詳しくは別記事の「インフラエンジニアの末路は?現役エンジニアが解説」に、インフラエンジニアの働き方についてまとめてるので、あわせて読んでみてください。

GEEKJOBはクラウドを無料で学べる

GEEKJOBのインフラコース(スピード転職コース)は、審査を通過すれば無料で受講できます

審査自体は、受講条件を満たしているかの確認が主になります。

無料で受講できる条件

  1. 20代である
  2. 週30時間の学習時間を確保できる
  3. 社会人経験がある

無料でノーリスクなので、チャレンジして欲しいです。

もし受講条件を満たしてない方は、RaiseTechのAWSフルコースでインフラエンジニアを目指しましょう。

受講料はかかりますが、最速で稼げるインフラエンジニアになれます。

関連記事:RaiseTech(レイズテック)のAWSフルコースのメリット・デメリットは?

GEEKJOBの転職成功率は97.8%だからほぼ確実に転職できる

引用:GEEKJOB公式ページより

GEEKJOBの転職成功率は、97.8%と圧倒的です。

転職成功率が高い理由は、徹底した採用者目線での転職支援です。

具体的には以下です。

高い転職成功率の秘密

  • 採用者に好印象を与える受け答えと面談練習
  • 就職後に役立つ働き方のレクチャ
  • 需要の高いインフラエンジニアスキル

転職成功のポイントは、限られた時間で自分の価値を伝えられるかどうかです。

相手の質問に対して端的にかつ自信を持って答えるには、繰り返し面談練習するしかありません。

無料でここまでサポートしてくれるのは、GEEKJOBしかありません。

GEEKJOBのインフラエンジニアコースでどんな企業に就職できるの?

引用:GEEKJOB公式ページ

GEEKJOB公式ページ によると、以下のとおりです。

業務内容は、ECサイトや自社サービスの開発や管理です。

GEEKJOBは未経験からでも採用可能な企業と提携してます。その数は、なんと500以上。

提携先が豊富ということは、GEEKJOBの卒業生が優秀である証拠です。

\ 無料でインフラエンジニアになれる /

GEEKJOBのインフラエンジニアコースの学習内容は?

大枠としては以下の内容を学びます。

  • PCの基礎知識
  • サーバ/データベース/ネットワークの基礎知識と実機演習
  • クラウドの基礎

PCの基礎知識を学ぶので、パソコンが苦手、という方でもOKです。

すこしでも興味をもったら、無料カウンセリングに参加してみましょう。

\ 無料でインフラエンジニアになれる /

GEEKJOBのカリキュラムだけで即戦力のインフラエンジニアになれるのか?

GEEKJOBはあくまで基礎学習に重きを置いてます。

そのため最初から現場レベルの技術についていける可能性は高くないでしょう。

実務を通じて、継続的に学ぶ必要があります。

最新の技術を学び続けるというのは、「エンジニアの宿命」といっても過言ではありません。

とはいっても、エンジニア転職したのに、職場の人達に迷惑かけたくないですよね。

そんなかたはGEEKJOBのカリキュラムと並行して「Udemy」で学ぶと良いでしょう。

なぜならUdemyは視聴期限なしで、全国の一流エンジニアからクラウド技術について学べるからです。

おすすめは、「AWS:ゼロから実践するAmazon Web Services。手を動かしながらインフラの基礎を習得」です。

慣れてきたらDockerやKubernetesといったモダンなインフラ技術や、Ansibleといった構成管理技術も習熟しましょう。

ここまで来たら現場レベルのインフラエンジニアです。

\ 無料でインフラエンジニアになれる /

関連記事:RaiseTech(レイズテック)のAWSフルコースは最速で現場レベルのインフラエンジニアになれる

GEEKJOBでインフラエンジニアになったら年収はいくら?

GEEKJOBの運営会社であるグルーヴ・ギア株式会社の調査によると、

未経験からインフラエンジニアになった方の初年度の年収の平均は、2019年6月時点で295万円です。

24〜25歳の一般的な平均年収が約300万円なので、平均より若干低い計算になります。

完全未経験からのスタートなので、仕方ないことだとおもいます。

でも大丈夫です。

クラウドの市場は確実に拡大します。

スキルを継続して上げれば余裕で平均以上稼げるでしょう。

\ 無料でインフラエンジニアになれる /

GEEKJOBのインフラエンジニアコースは働きながらでも大丈夫?

結論、全く問題ありません

なぜならGEEKJOBのインフラコースは、パソコンとインターネットさえあれば、24時間いつでもどこでも学習できるからです。

これからパソコンを購入する方は、Macbook Airがおすすめです。

理由は無難だからです。

というのも、WindowsのPCは安いものから高いものまで様々であり、アタリハズレがあります。

一方Macは品質が一定に保たれており、保証もしっかりしてるのでハズレがありません。

なので、中長期的に見て損をしたくなければ、Macがおすすめです。

\ 無料でインフラエンジニアになれる /

結局GEEKJOBのインフラエンジニアコースはどんな人におすすめなのか?

20代で社会人経験があり、インフラエンジニアとして実績を積みたい方におすすめです。

GEEKJOBのインフラエンジニアコース(スピード転職コース)は、

学生の方や30歳以上の方は無料で受けられる対象ではないので注意が必要です。

少しでも興味があれば、気軽にGEEKJOBに問い合わせてみましょう。

面談のなかで、不明点や不安になっている点などを詳しく教えてくれます。

\ 無料でインフラエンジニアになれる /

最後に:GEEKJOBのインフラエンジニアコースで失敗しないために

GEEKJOBだけでなく、他のスクールの無料説明会に参加しましょう。

なぜならスクールの公式ホームページ上では知ることが出来ない情報や特典が分かるからです。

無料説明会に参加するメリットの例を整理しますね。

  • 割引クーポンがもらえる
  • サンプルテキストがもらえる
  • 商品券がもらえる
  • 自分にあったプログラミング勉強法やノウハウ

なので、GEEKJOBの無料カウンセリングだけでなく他のスクールの説明会にも参加してから、どのスクールで学ぶかを決めましょう。

\ 無料でインフラエンジニアになれる /

関連記事:【厳選】受講期限なしで永遠に学べるオンラインプログラミングスクールおすすめ6選!
関連記事:【必読】GEEKJOB(ギークジョブ)の違約金発生条件と対策
関連記事:【30代可】完全無料のプログラミングスクール3選

geekjob-infra-course

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる