RaiseTech(レイズテック)のAWSフルコースのメリット・デメリットは?

raisetech-aws

IT未経験だけどRaiseTechのAWSフルコースを受講するとどうなるの?メリット・デメリット含めて教えて欲しい。

こんな疑問に答えます。

RaiseTechのAWSフルコースを受講すれば、未経験からインフラエンジニアとして転職できます。

RaiseTechのAWSフルコースを受講して40代未経験の方が、エンジニア転職に成功しているからです。

私はこれまで100以上のオンラインプログラミング教材やスクールを受講してきた現役エンジニアですが、

RaiseTechのAWSフルコースは未経験からエンジニア転職をするにはうってつけのコースと言い切れます。

この記事では、RaiseTechのAWSフルコースの特徴とメリット・デメリットをまとめます。

記事の最後にAWSを学べる他のスクールとRaiseTechの比較表もまとめてるので、

あなたにとってRaiseTechが最適な選択かどうかも分かるでしょう。

関連記事:【難しくない】未経験からインフラエンジニアになる方法を現役エンジニアが解説
関連記事:インフラエンジニアの末路は?現役エンジニアが解説
関連記事:SESから自社開発へ確実に転職する2つの方法
関連記事:【月15万稼げる】RaiseTech(レイズテック)のWordPress副業コースの評判・口コミ
関連記事:【実録】RaiseTech(レイズテック)のLステップマーケティングコース評判・口コミ

目次

RaiseTech(レイズテック)のAWSフルコースの特徴

raisetech-aws-fullcourse
RaiseTech公式HPより

まずはRaiseTechのAWSフルコースの基本的な情報をまとめます。

受講形式完全オンライン
学ぶ内容AWS(Amazon Web Service)を現場で通用するレベルまで学習
料金(税込)44万8,000円(月々1万8,667円〜)
RaiseTechのAWSフルコースの基本情報

詳細なカリキュラムはRaiseTechのAWSフルコースのカリキュラムを確認いただければと思います。

RaiseTech(レイズテック)のAWSフルコースを受講すれば本当に現場で活躍できる?

結論から言うと、AWSを活用した技術支援や自社開発企業での保守運用系のインフラエンジニアとして十分活躍できます。

なぜならRaiseTechのカリキュラムに、AnsibleやCloudFormationを活用した構成管理技術のレクチャーが含まれており、

他のエンジニアと比べて頭一つ抜けたスキルを身につけられるからです。

作られたアプリをAWSに配備して公開することは、一般のエンジニアでもできます。

しかし、公開したアプリの冗長化や構成管理・デプロイの自動化までできるエンジニアは少ないです。

そのためRaiseTechのAWSフルコースを受講すれば、現場でも十分活躍できるでしょう。

RaiseTech(レイズテック)のAWSフルコースを受講して転職できる?

もちろん転職できます。

なぜそう言い切れるかと言うと、インフラエンジニアはライバルが少ないからです。

他のプログラミングスクールのカリキュラムを見てみてください。

ほとんどがWeb制作やRubyそしてJavaを専門としたプログラマー転職にむけたカリキュラムです。

AWSに特化したスクールはとても少ないのです。

なおかつAWSを専門とするインフラエンジニア(クラウドエンジニア)は、ますます需要が高くなります。

IDCは10月5日、「国内パブリッククラウドサービス市場予測」を発表した。これによると、2021年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は2020年と比べて20.3%増の1兆5087億円になり、2020年から2025年にかけて年間平均成長率(CAGR) 18.4%で推移し、2025年には2020年と比べて2.3倍の2兆9134億円になるという。

2021年の国内パブリッククラウド市場、20.3%増の1兆5087億円に | TECH+

以上の理由から、未経験からエンジニア転職したい人は、RaiseTechのAWSフルコースがおすすめなわけです。

関連記事:【30代】完全無料のプログラミングスクール3選
関連記事:【全額返金】転職保証付きプログラミングスクール(3つ)を徹底解剖!

AWSを専門とするインフラエンジニアって実際どうなの?

インフラエンジニアってあまり聞いたこと無いけど大丈夫なの?

AWSを専門とするインフラエンジニアでも自由な働き方やリモートワークできます。

なぜならAWSを動作させる土台のデータセンタは、Amazonのエンジニアが保守してくれるからです。

10年程前のインフラエンジニアは、自分の会社内部に自分で構築した設備を自ら監視し、故障したら深夜でも会社に行って復旧作業するようなひどい働き方をしてました。

しかしAWSの登場により、データセンタの動作自体は世界各国のAmazonのエンジニアがメンテナンスをしてくれるようになりました。

インフラエンジニアがやるべきことは、複数のデータセンタにまたがったインフラ基盤の構築とシステム更改対応です。

システムの更改も基本的にはユーザがサービスを利用しない深夜に対応することが多かったのですが、Ansibleを始めとした構成管理ツールによって、その必要もなくなりました。

少し専門的な話になりましたが、結論としてはAWSを活用したインフラエンジニアは、自由な働き方ができる上に需要も高いポジションというわけです。

関連記事:無料でインフラエンジニアになれるスクール【GEEKJOB】

RaiseTech(レイズテック)のAWSフルコースのメリット

RaiseTechのAWSフルコースのメリットデメリットを整理します。

・講師が月単価80万以上
・質問内容、回数、期間が無制限(卒業後も質問内容、回数無制限)
・教材が無期限で観れる
・提携サービスで転職が有利に

RaiseTechのAWSフルコースの講師は”月単価80万以上かつ教育に関心のあるエンジニア”

「月単価80万以上の現役エンジニア」という具体的な記述をしたプログラミングスクール見たことあるでしょうか?

おそらくないでしょう。

多くのプログラミングスクールでは「現役エンジニア」という記述がされてます。

経験が浅く単価の低くても「現役エンジニア」を名乗れます。

しかしRaiseTechの講師は、くりかえしですが”月単価80万以上”です。

プロ中のプロ、ということです。

RaiseTechのAWSフルコースは質問内容、回数、期間が無制限

RaiseTechは、受講期間中は当然ですが卒業後も質問できます。

しかも内容は何でもOK!

卒業後の現場の悩み相談でもOK!

当然転職の相談もOKです。

「卒業後に一人で業務をこなせるか不安」という方も安心ですね。

RaiseTechのAWSフルコースは教材が無期限で観れる

RaiseTechのAWSフルコースを購入すると、常に最新の講義動画を観ることができます。

そのため、常に現場で必要とされる技術を学べるのです。

一生モノの知識が手に入るのは嬉しいですね。

RaiseTechのAWSフルコースに付随する数々の提携サービス

RaiseTechのAWSフルコースを購入すると、以下の5つの提携サービスが無料で利用できます。

  • 転職クエスト
    • 「転職教材&コミュニティ」総額40,000円相当を無料で利用可能。通常のサービスに加えて『職経歴書添削1回(90分)』が受けられる。
  • WSS
    • Web営業に特化したオンラインスクール。合計100本以上の動画、60時間以上のウェビナー、Liveでの質疑応答などが利用できます。本来、月額7,980円(税込)かかりますが、RaiseTech受講生であれば無料
  • AWS CloudTech
    • 日本最大級のAWS学習オンラインスクール。月額費用4,980円(税込)が無料で利用可能。AWS認定資格対策の問題が合計800問以上。模擬試験モードで実践的に取り組める。
  • BuildUP
    • 通常、月額980円(税込)が、無料で利用可能。日々の学習履歴が転職時の最強の武器になります。
  • FREENANCE
    • フリーランスの安心保証に関するサービス

実はAWS CloudTechの資格を持ってると、転職に有利です。

BuildUPと合わせて転職活動すれば、エンジニア転職できるでしょう。

RaiseTech(レイズテック)のAWSフルコースのデメリット

デメリットは、「課題が難しい」という点です。

でも安心してください。

無制限の質問と録画した講義を繰り返し利用すれば挫折することはないでしょう。

RaiseTech(レイズテック)以外にAWSが学べるスクール比較

スクロールできます
タイトルraisetech-school
RaiseTech
geekjob
GeekJob
udemy
Udemy
win-school
Winスクール
受講形式オンラインオンラインオンラインオンライン・教室
講師月単価80万以上のエンジニア現役エンジニア全国各地のエンジニア年間17,000名以上を指導する講師
コース名AWSフルコーススピード転職コース(認定資格対策やDevOps等様々)AWS基礎トレーニング
返金保証2週間トライアルなし30日間返金保証無料体験あり
サポート質問内容・期限・回数、すべて無制限チャットやビデオ通話で質問可能(祝日と日曜日は質問不可)掲示板で質問可能(回答が帰ってくるかはコースと講師に依存)卒業後も復習用動画を毎週無料で配信。授業で使用したオンラインテキスト見放題
転職支援転職クエスト、無期限で思案成果物や転職サポートありなしキャリアカウンセリング・就職支援セミナー
料金(税込)44万8,000円無料
(審査性)
セール時に限り1,700円〜1,200円9万9,000円
タイトル詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
AWSが学べるスクール一覧・比較

RaiseTechは卒業後に質問内容の制限がなく、無限に質問できるのが圧倒的ですね。

受講料は他のスクールと比較して高額ですが、費用に見合ったサポートを受けられるでしょう。

44万8,000円で一生モノのスキルが手に入ると思えば安いと思いませんか?

更に詳しく知りたい方は、RaiseTechの公式ホームページより無料オンライン説明会に参加してみましょう。

関連記事:GEEKJOB(ギークジョブ)の評判は賛否両論!受講者の口コミから分かるメリット・デメリット
関連記事:【実録】Udemyを85講座受けて分かったメリット・デメリット

最後に:RaiseTechのAWSフルコースで失敗しないために

RaiseTechのAWSフルコースの本申込みの前に、かならず無料オンライン説明会に参加しましょう。

なぜなら、参加者限定で特典がもらえる可能性があるからです。

他のスクールでは、サンプルテキストやAmazonギフトカードを参加者に与えたりします。

RaiseTechの無料オンライン説明会でも、なんらかの特典がもらえる可能性があります。

また、RaiseTechの無料オンライン説明会は、質問がなくなるまで終わりません。

どんな小さな質問にも、すべて答えてくれます。

決して安い金額を払うわけではないので、無料オンライン説明会に参加して、全ての疑問をクリアにしておきましょう

関連記事:インフラエンジニアの末路は?現役エンジニアが解説

raisetech-aws

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次