RaiseTech(レイズテック)のJavaフルコースの評判は?【悪評徹底調査】

raisetech-java

RaiseTechのJavaフルコースを受講するとエンジニアになれるの?他のスクールと比べてどんなところが良いのか率直な意見を聞きたい。

RaiseTechのJavaフルコースを受講すれば、約8ヶ月ほどでエンジニアになれます。

さらに、転職先の企業でも、常に最前線で活躍できるでしょう。

なぜならRaiseTechは、卒業後も最新化された動画教材を閲覧できるし、現場での悩みについても一流の講師のアドバイスをもらえるからです。

私はこれまで100以上のオンラインプログラミング教材やスクールを受講してきた現役エンジニアですが、

RaiseTechのJavaコースは間違いなく受講料以上の価値があるプランだと言えます。

この記事では、RaiseTechのJavaフルコースの評判・口コミをまとめます。

RaiseTechが他のスクールと比べて何が素晴らしいのか理解できるでしょう。

RaiseTechのJavaフルコースの評判・口コミを調査した結果ですが、「講師の方が早口」「エンジニア転職できた」等の評判がありました。

詳しく見ていきましょう。

関連記事:未経験から自社開発企業に転職は無理?【具体的な転職方法も紹介】
関連記事:SESから自社開発へ確実に転職する2つの方法

目次

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコース悪い評判まとめ

RaiseTechが提供するJavaフルコースに対する悪い評判は、以下のとおりです。

・講師が早口
・手取り足取り教えてもらいたい人には不向き

悪評:Javaを教えてくれる講師が早口

「講師の早口に耳がついていけなかった」という評判があります。

RaiseTechの講義は、オンラインでリアルタイムの授業ですが、講義の模様は録画してあります。

そのため、もし講師の早口についていけなかったとしても、改めて講義動画を見直せば問題ありません。

さらにRaiseTechは、講師への質問・内容・期間、すべて無制限です。

講義で理解できなくても繰り返し質問すればOKです。

悪評:Javaを手取り足取り教えてもらいたい人には不向き

RaiseTechは、手取り足取りプログラミングを教えるスクールではありません。

なぜなら、RaiseTechは自走力を養成するスクールだからです。

自走力とは、自分で調査し仮説と検証を繰り返して、あらゆる手段を使って問題を解決する能力です。

手取り足取りプログラミングを教えてもらうと、自走力を鍛えることができません。

もしパソコンの操作方法から手取り足取り教えてもらいたい場合は、通学型のプログラミングスクールを選択すべきでしょう。

通学型プログラミングスクールは、通学型プログラミングスクール(8選)を比較・厳選という記事にまとめてるので、あわせて読んでいただけると嬉しいです。

関連記事:通学型プログラミングスクール(8選)を比較・厳選

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースの良い評判

RaiseTechのJavaフルコースに対する良い評判をまとめます。

・Javaフルコースを受講して転職できた
・講師が熱心

好評:Javaフルコースを受講して転職できた

RaiseTechのJavaフルコースの受講者の多くは、システム開発系企業に就職または転職しています。

Javaは企業の顧客管理システムや銀行ATM、そしてAndroidスマホのモバイルアプリを開発するために使われてます。

Javaは昔から世界中で使われているプログラミング言語なので、信頼性が高く案件が多いのが特徴です。

案件や求人が多いJavaを学び、有利に案件獲得と転職をすすめましょう。

好評:Javaフルコースの講師が熱心

Javaフルコースの講師陣は、とても熱心に教えてくれます。

熱心な講師と親切丁寧なメンバー、そしてともに学ぶ仲間も支えがあれば、完走できるはずです。

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースの基本情報

RaiseTechのJavaフルコースの受講形式やサポート内容、そして料金等をまとめます。

受講形態オンライン
講師月単価80万円以上の現役講師
学習サポートチャット形式または個人面談
(内容・回数・期限、すべて無制限)
転職サポート転職・案件獲得を無期限打ポート
返金保証2週間のトライアル受講あり
受講期間4ヶ月
カリキュラム終了後も継続して最新の授業動画が見放題
料金(税込)通常価格:44万8,000円(月々18,667円〜)
学割:28万8,000円(月々12,000円〜)
参加条件MacかWindowsのPCをもっている(必須)
ネット検索を利用できる(必須)
期間内に必要な学習時間(300時間程度)を確保できる
PCの基本的な操作ができる
 - アプリのインストール
 - オンライン通話サービスを使って通話できる
 - テキストチャットが使える
RaiseTech公式より

それぞれ詳しくみていきます。

Javaフルコースの受講形態は「完全オンライン」

RaiseTechのJavaフルコースの受講形態は、「完全オンライン」です。

そのため以下が最低限必要です。

オンラインで受講するために必須なもの

  • インターネット回線
  • パソコン(ノートパソコン or デスクトップパソコン)
  • Webカメラ(パソコンに内蔵されてる場合は不要)
  • マイク(パソコンに内蔵されてる場合は不要)

パソコンに関しては、特にこだわりがなければMacbookがおすすめです。

なぜなら、Windowsのパソコンと比べてハズレが無いからです。

WindowsのPCは安価なものから高価なものまで様々ですが、すぐ壊れたりカメラが内蔵されてないなど、ハズレを引く可能性があります。

一方Macbookは、各種機能が全て搭載されておりハズレがありません。

Macbookが無難なので、失敗したくなければMacを購入しておけば間違いありません。

Javaフルコースの講師は月単価80万以上の現役エンジニア

RaiseTechのJavaフルコースの講師は、小山由人さんと戸部拓人さんの2名です。

お二方の詳細プロフィールは、RaiseTechのJavaフルコースの講師欄を確認いただければと思いますが、

お二方ともフロントエンドとバックエンドの両方に精通した、フルスタックエンジニアであることが分かります。

そのためJavaの表面的なレクチャではなく、システム開発全般にわたった現場レベルのノウハウを熟知してます。

つまりお二方の現場レベルの技術を学べば、現場ですぐにリーダーシップを発揮することができるでしょう。

Javaフルコースのサポートは無制限!卒業後も内容に関わらず質問可能

RaiseTechのJavaフルコースは、無限に質問サポートがうけられます。

しかも回数も内容も期限も無制限。

そのため、たとえばカリキュラム以外の人生相談も可能です。

RaiseTechのJavaコースは、こんな質問も無期限でOK!

  • ブラック企業かどうかを見極めるポイントは?
  • Javaを更に深く学ぶべるおすすめ教材は?
  • 就職した企業がブラック企業だった。どうしよう?
  • フリーランスとして案件獲得したけど、技術的に分からないことがあるから相談したい。等

卒業後も希望すれば個人面談してくれるなど、徹底して受講者をサポートしてくれます。

Javaフルコースは転職サポートも無期限

Javaを学んだあと、IT系企業に就職するかとおもいますが、「就職先がイマイチ。。」というパタンもあるでしょう。

そんなときもRaiseTechのJavaフルコースは、転職のサポートをしてくれます。

具体的な転職や案件獲得サポートとして「転職クエスト」のサービス40,000円相当の下記サービスが無料で受けられます。

RaiseTechのJavaフルコース受講者限定で受けられる転職サポート(無料)

  • 職務・経歴書添削1回(90分)
  • 200名以上の内定者を排出した最強の書類テンプレート
  • 理想の企業に入社するための秘訣・ノウハウ
  • ポートフォリオの添削
  • 面接時のコツ・面接対策、等

Javaフルコースは2週間のトライアル期間付き

悩んでいる男性

Javaフルコースが自分に合わなかったらどうしよう。。。

このような心配も大丈夫。

RaiseTechのJavaフルコースは、2週間のトライアル期間を設けてるので、自分に合わなければ全額返金してくれます。

お試しでも良いので、RaiseTechのJavaフルコースを受講してみてから、入会するかを判断しても良いでしょう。

Javaフルコースの受講期間は「4ヶ月」

Javaフルコースの受講期間は、4ヶ月です。

具体的なカリキュラムは、以下の通りです。

Javaフルコースのカリキュラム

  • Webアプリケーション開発
    • 第1週:開発環境を用意し、簡単なお手本プログラムの実装
    • 第2週:Javaで利用する型の説明、クラス、メソッドなどのプログラミングの基礎解説と実践
    • 第3週:Javaを用いたプログラミング学習・オブジェクト指向開発の基礎と実践
    • 第4週:CRUD処理を行うWEBアプリケーションの仕様策定と開発の開始
  • Webアプリケーション開発とテスト
    • 第5週:利用するフレームワークやライブラリ、構成管理ツール、開発手法の説明
    • 第6週:Webアプリケーションの開発、テーブル設計、環境の整備
    • 第7週:Webアプリケーション開発、初期表示と一覧検索
    • 第8週:Webアプリケーションの開発、新規登録、更新、削除
  • 自動テスト環境の構築と画面の自動テスト
    • 第9週:JUnitを使った自動テストの作成、アプリケーションのリファクタリング
    • 第10週:Selenideによる画面自動テストの実装
    • 第11週:ローカル環境でJenkinsを使ったCIの実現
    • 第12週:アプリケーションにREST API機能を追加
  • 自動デプロイの実現
    • 第13週:AWS上でEC2、RDSなどのアプリケーションを動かす環境を構築
    • 第14週:AWS上にJenkins用のWC2サーバー立ち上げ
    • 第15週:JenkinsでGithubと連携したCIの実現
    • 第16週:CIからCD、自動デプロイの実現

なお、4ヶ月のカリキュラムが終了しても、最新の授業動画を観ることができます。

そのため、常に現場レベルの技術を学び続けることができるわけです。

加えて質問も無制限なので、RaiseTechには「卒業」という概念がそもそもないというのも大きな特徴です。

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースを受講すれば転職できるのか?

結論としては、十分転職できる実力が身につくでしょう。

なぜなら、Javaフルコースで学ぶ内容が、テストコード作成〜アプリ開発〜クラウドへのデプロイまで網羅的だからです。

通常のプログラミングスクールでは、Javaを活用したアプリ開発手法を学びますが、RaiseTechではアプリ開発に加えてクラウドまで学びます。

つまりJavaのみ理解しているエンジニアではなく、Javaで作られたアプリを公開するインフラ側も考えられるエンジニアになれるのです。

さらに、いま主流となっている開発スタイルのTDD(テスト駆動開発)に必要なJUnitやSelenideと言われるテストの知識も学びます。

現場レベルのスキルと言えるので、技術面では文句ありません。

面接もRaiseTechの転職サポートを受けながら対策すれば問題ないでしょう。

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースのデメリット【他スクール比較】

デメリットは、受講料金です。

無期限で学び続けられるRaiseTechであっても、44万8,000円という受講料は、決して安くはありません。

「44万8,000円なんてお金ない。」という方は、無料で学べるプログラミングスクールを検討しましょう。

具体的には、0円スクールです。

【無料】0円スクール(ゼロスク)の評判・口コミは?という記事で評判や口コミをまとめてるので、あわせて読んでみてください。

関連記事:【無料】0円スクール(ゼロスク)の評判・口コミは?
関連記事:【大学生】完全無料のプログラミングスクール5選 | 未経験からエンジニアになれます
関連記事:【30代】完全無料のプログラミングスクール3選

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースのメリット【他スクール比較】

評判・口コミでは確認されなかったRaiseTechのJavaフルコースのメリットをまとめます。

  • +5万でAWSとReactも学べる
  • 他を圧倒する提携サービス

+5万円でJavaフルコースに加えてAWSフルコースとReactコースが受講できる

RaiseTechには「受け放題コース」というものがあり、Javaフルコースに加えてAWSとReactを学べます。

AWSフルコースは、通常価格44万8,000円。そしてReactコースは44万8,000円です。

これら2コースが、たった5万円で受講できるわけです。

そのため金額としては、84万6,000円分お得に学べます。

これはとてもお得です。

両コースを学べば、他のエンジニアに比べて頭一つ抜けた存在になれるでしょう。

関連記事:RaiseTech(レイズテック)のAWSフルコースのメリット・デメリットは?
関連記事:RaiseTechのReactコースの評判は?【最強エンジニアになる方法も紹介】

他を圧倒する提携サービス

RaiseTechには、転職クエストの他に、以下のようなサービスも無料で利用できます。

RaiseTechのJavaフルコースを受講すると無料で利用できる!

  • WSSクラス
    • Web営業に特化したオンラインスクール。合計100本以上の動画、60時間以上のウェビナー、Liveでの質疑応答などが利用できます。本来、月額7,980円かかりますが、RaiseTech受講生であれば無料で利用できます。
  • BuildUp
    • BuildUpは日報管理アプリです。日報を活用することで学習内容を可視化します。日報を貯めることで、それじたいが「ポートフォリオ」になるため転職活動の際のスキルの証明にもなります。本来、月額980円かかりますが、RaiseTech受講生は無料で利用できます。
  • AWS CloudTech
    • 日本最大級のAWS学習オンラインスクール。月額費用4,980円(税込)が無料で利用可能。AWS認定資格対策の問題が合計800問以上。模擬試験モードで実践的に取り組める。
  • FREENANCE
    • フリーランスの安心保証に関するサービス

Javaフルコースの動画が一生見放題で、質問も永久にOK。

そして転職クエストも活用できる。

そう考えると、受講料44万8,000円は、正直安いです。

\ 月額1万以上のサービスが無料で使える! /

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースは他のスクールと比べておすすめ?

結論としては、月々2万ほどの受講料が払えるなら、RaiseTechでJavaを学ぶべきです。

なぜならRaiseTechを受講すれば「活躍し続けられるエンジニア」になれるからです。

というのも他のプログラミングスクールは、「エンジニアになる」ことがゴールであり「エンジニアとして活躍し続ける」をゴールにしていません。

多くのスクールがカリキュラムの範囲に限定した質問サポートのみなのに対して、RaiseTechは、卒業後も質問内容も回数も無制限で受け付けてくれます。

もしあなたが「エンジニア転職」をゴールにするのではなく「エンジニアとして幸せに働き続ける」「エンジニアとして長く働き続ける」をゴールにするなら、RaiseTechにすべきでしょう。

まとめ:RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースは講師が熱心!エンジニアになれる

RaiseTechのJavaフルコースの評判を調査したところ、「講師が早口」「手取り足取り教えてもらいたい人には不向き」という悪評がありました。

しかしRaiseTechの授業は、録画されてるので分からなければ繰り返し授業内容を確認することができます。

さらに質問も無制限なので、わからないことを繰り返し聴けます。

講師のレクチャーが分からなくても問題ないでしょう。

またRaiseTechは現場レベルのスキルを学べます。

JavaだけでなくAWSを活用したDevOpsを学べるので、他のエンジニアと比べて頭一つ抜けたエンジニアになれます。

RaiseTechは、他のスクールと比較して、学習サポートが圧倒的です。

具体的には、卒業後も最新の講義動画の視聴が可能であり、質問も無制限で永久に何回でもできます。

そのためRaiseTechのJavaフルコースを受講すれば、確実に「活躍し続けられるエンジニア」になれるでしょう。

\ 2週間の無料トライアル実施中! /

最後に:RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースで失敗しないために

よし!さっそくRaiseTechのJavaフルコースに申し込んで、僕もエンジニアになるぞ!

このように意気込むのは素晴らしいですが、ちょっとまってください。

すぐに学びたいという気持ちを一旦抑えて、まずは無料説明会に参加しましょう。

なぜなら無料説明会に参加すると、こんなメリットがあるからです。

プログラミングスクールの無料説明会に参加するメリット

  • 細かい疑問を解消できる
  • 企業が求める人財がわかる
  • 現場で流行ってる技術がわかる
  • プログラミングの学習方法がわかる
  • 特典(Amazonギフトカード等)がもらえる(場合がある)

\ 無料説明会 受付中! /

そしてRaiseTechだけでなく、他のプログラミングスクールの無料説明会にも参加してみてください。

その上であなたにとってRaiseTechのJavaフルコースが最適な選択なのかどうかを見極めましょう。

他のプログラミングスクールの口コミや評判についても、本ブログでまとめてるので、参考にしてくださいね。

関連記事:【厳選】オンラインプログラミングスクールおすすめ6選!【買い切り型が最強です】
関連記事:【全額返金】転職保証付きプログラミングスクール(4つ)を徹底解剖!

raisetech-java

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次